野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

自分の意志力との闘い

新年を迎えて早くも4日経ちましたね。

昨日から仕事始めという方も多かったのではないでしょうか?


「年末年始休暇」中のこの時期こそ、時間をかけ、張り切って野良さん達のところを「巡回」できる、と思っていたのに…。


実際には、年末からの数日間、睡魔に負けて眠ってしまうなど、「自己嫌悪」に陥る日の連続…。

夜中にハッ!と「うたた寝」から目覚めて飛び起き、慌てて「巡回」に向かう日もありました😱


急いで車を走らせながら、「ああ、野良さん達、寒い中、どんなに長い時間私を待っていただろうか…」と考えると、自分の意志の弱さが情けなくて、自分の頭を殴りたくなるのでした。


(12月31日夜の【B地点】。チビクロ一家4匹のうち、黒猫3匹が現れた。「オセロ」(白黒)の姿だけ無い。顔が写っているのが母猫「チビクロ」)


「お正月だから、どうせお酒でも飲み過ぎて、ダラダラ寝てしまったんでしょ?」と思われるかも知れませんが…。

今の私は、お酒は一切飲まない生活です。

飲んだら、その後運転出来なくなってしまうので…。


世の多くの人々のように、家族や友人とワイワイ賑やかにお正月を過ごす、というのも、私には当てはまりません。

極めて地味な、普段とあまり変わりない生活なのです😓


ただ思うのは、年末年始のお休みで、普段の生活とリズムが変わると、身体の調子もちょっと変かも?ということです。


なぜか午後から妙な眠気に襲われ、夕方には「ちょっと1時間だけね」などと自分に言いながら、そのまま夜中までゴンゴン寝てしまう、というパターン。


(12月30日深夜の【B地点】。この日は「オセロ」1匹だけが食べに来た。単独行動が好きな「1匹狼タイプ」?)


もちろん、年々自分が歳を取っていってる、という理由もあると思いますが。

今から13年前、野良さん達への「巡回(エサやり)」を始めた時に比べたら、確実に体力も衰えてきているのを感じます。


しかし世の中には、仕事以外、自分の時間の全てを捧げ、「野良さん達」を救う活動をされている方もいます。


まだご本人の了承を得ていないので、具体的なことは書けませんが、それこそ「雨の日も風の日も、台風の日も」1日も休まず、ホームレスさん達と、憐れな野良猫達の支援を続けている方を知っています。

本当に頭が下がる思いです。


(1月4日未明の【B地点】。黒猫2匹だけ待っていた。「クロイチ」・「クロニ」の兄弟)


私も、今日からまた「仕事始め」です。

いつもの「日常」が戻ってきます。


「野良さん達」の中には、もうずっと姿を見てない子もいれば、安否確認できた子もいて、状況はさまざまです。

また普段のリズムを取り戻し、夜の「巡回」に心して向かいたいと思うのでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。