野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

「モック」の死から1ヶ月

去年の12月はじめ、突然私の実家の前に現れ、たった1ヶ月ですが我が家の敷地内で過ごし、この世を去っていった猫「モック」。

昨日で、「モック」が亡くなってからちょうど1ヶ月が経ちました。


何だか、あれから随分長い時間が経ったような気がしますが、まだ1ヶ月しか経ってないのですね。


「モック」のことを思い出すたび、もっと早く暖かい家の中に入れ、病院に連れて行っていれば、まだもう少しは生きられたのでは…という、苦い悔恨の思いが込み上げてきます😢


たった1ヶ月の短いご縁だった「モック」。

もしまだ生きていてくれたら、我が家の猫として、これから色々楽しいこともあったのにね、と残念でなりません。


(わずか1ヶ月のご縁だった猫「モック」。去年12月末、うちの庭にて)


「モック」の死を経て、野良猫・捨て猫を保護するということは、生半可な気持ちでは出来ないのだ、と痛感しました。

昨日の夜は、実家の仏壇にお線香をあげ、改めて「モック」の冥福を祈りました。


(【A地点】最近、エサを貰いに現れるようになったキジ猫「ドラえもん」)


1月終わりから2月頭にかけて、インフルエンザでダウンしていました。

ようやく復活したものの、仕事の疲れやら何やらで「夜の巡回」に行けない日もあり、相変わらず自己嫌悪に陥ることがあります。



ここしばらく、ずっと異常な寒波が続いていた日本列島。

自分では寒さをしのぐ手立てもない「野良さん達」は、どんなに辛い冬の夜を耐えているのでしょうか😢

本当に、この寒波、早くどこかへ去ってほしい!と祈るばかりです。


厳しい寒さの中、猫さん達は必死で生きようと頑張っています。

しかし、私の「顔馴染み」の猫達にも、最近姿を見せず、心配な子が何匹かいます。

一方で、新しく姿を見せるようになった「ニューフェイス」も…。


「みんな、あと少しの辛抱だよ。もう少しで暖かい春が来るからね。頑張るんだよ」

心の中で、いつも彼らに呼びかけています。


(【E地点】少し前から、時々顔を合わせるトラ猫さん。「オレンジ君」と呼ぶことに。メスかも知れませんが…😓)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。