野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

今日も4匹、無事でした

先ほど(23時)、夜の「巡回」から自宅マンションに戻りました。

今日は、私がエサを持って行くと、姿を見せてくれた「野良さん」が多く、回った甲斐がありました😊(1匹も会えない時もたまにあるので…)


(チビクロ一家、全員はカメラに収まってないけど、取りあえず4匹います😓)


現在、私が「野良さん達」にエサをあげているスポットは何ヵ所かあります。

ほぼ毎日回る場所、2・3日に1回のペースで回る場所…と、色々な理由で、行く頻度は違います。


話がややこしくなるので、このブログの中では、猫さん達の「エサやりスポット」を「A地点」、「B地点」…という風に呼ぼうと思います。


「B地点」には、一匹のメスの黒猫と、彼女が産んだ3匹の子猫の一家が生息しています。

「母猫」のことは「チビクロ」と呼んでいます。


「チビクロ」も、もともと私がエサをあげていた母猫(やはり黒猫!)が生んだ子です。

小さくて、母猫にくっついてチョロチョロしていたこの子猫がいつしか「成人」し、自分も3匹の子猫の母となったのでした。


(チビクロ母さん)


「チビクロ」は、母猫譲りの「人懐こい性格」の猫さんでした。

3匹の子猫達を引き連れて私の前に現れると、いつも「ニャ~ン」と親しげに話しかけてくれます。


子猫のうち2匹は、見分けがつかないほどソックリな「黒猫」、仕方ないので、物怖じしない大胆な性格のほうを「クロイチ」、臆病なほうを「クロニ」と呼んで、区別しています。(名前というか、記号みたいですが…)


もう1匹、唯一「白黒」の子猫は、名前をつけていませんでしたが、「オセロ」と呼ぶことにしました。


(4匹揃わない日もあります)


ほとんど毎晩、この「B地点」に行きますが、チビクロと子猫達、4匹全員がいつも勢ぞろいするとは限りません。

私も「あれ? 今日はチビクロ母ちゃんはどこに行ったのかい?」、「今夜は白黒(オセロ)だけいないねえ」などと話しかけながら、エサをあげています。


「B地点」の目の前は、車の通りが激しい道路です。

1匹だけ出てこないと、悪い想像ばかりしてしまいます。


今夜は、4匹揃って私を待っていました…!

昨日、オセロ1匹しか見なかったので、私も心配していました。

「無事でいるだろうか?」「 車に轢かれたのでは?」と気にかかっていました。


それだけに、無事な姿を見せてくれると、心から安堵します。

「ああ、今夜も無事でいてくれた…!」

毎夜の「巡回」のたびに思うことです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。