野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

「ブッチ」よ、安らかに…(その1)

(最後まで「野良猫」として誇り高く生きた「猛女・ブッチ」。この写真の彼女は、威厳に満ちてキリッとして、実に美しいと思います)


前回の更新から、もう2ヶ月以上の時が経ってしまいました。

きっと「このブログ、もう更新する気ないんだな」と思われたことでしょう。


しかし、決してこのブログを放棄した訳ではありません。

頭の隅にはいつもあったのですが、「更新する勇気がなかった」というのが正直なところです。


前回の記事に書いた【C地点】の「猛女・ブッチ」、消息を絶った「彼女」のその後ですが…。

心の中では、まだ認めたくない気持ちです。

けれど、「彼女」は恐らく、もうこの世にいないのだ、という悲しい現実を認めざるを得ません。

これを書く「踏ん切り」がつくまでに、時間がかかりました。


ですが、「ブッチ」のことを書かずには、このブログは一歩も先に進めないのです。

勇気を出して、「彼女」のその後について書くことにします。


(これも、3年ほど前に撮影した「ブッチ」。私を見る鋭い眼光は最後まで変わりませんでした)


【C地点】に「女ボス」として君臨し、何度も出産、何匹もの子猫を産み育ててきた「猛女・ブッチ」。

その気性の荒さは半端なく、もう5年以上のつき合いになる私にも、顔を見るとまず挨拶がわりに一声「シャーッ!」と威嚇する、そんなメス猫でした。


しかし、「彼女」が懸命に育てた子猫達は、過酷な野良猫の環境に耐えることができず、次々に命を落としていきました…。(唯一、生き残った「パンダ」という息子は、今も【C地点】の道路を挟んだ対岸エリアで生息しています)


その「パンダ」達、7匹の兄弟猫の「父親」だと思われるオス猫がいました。

いつも「ブッチ」と一緒に【C地点】にいて、「彼女」がエサを食べ終わるのを待ち、自分もノッソリ近づいてきては食べ始める、という感じでした。


このオス猫には特に名前をつけてなかったのですが、いかにも「オッサンっぽい」外見から、「オッサン、オッサン」と呼んでいたら、いつの間にか名前になってしまいました。

我ながら、ひどいネーミングですね。


明らかに、力関係では強い妻?「ブッチ」の尻に敷かれていた「オッサン」。

しかし、2年ほど前のある日を境に「オッサン」も姿を消してしまいました。

ああ、「彼」もどこかで死んだんだな…と悲しく思いながら、また年月は流れていったのでした。


(今から約3年前、2015年9月27日に撮影した「ブッチ」)


その「ブッチ」が、6月27日の夜、【C地点】すぐ隣の駐車場で見たのを最後に、忽然と姿を消しました。

何とか生きていてほしい、そう願いながら近辺を探し回り、手掛かりを求めて「聞き込み」をする毎日でした。


【C地点】のすぐ目の前には、こじんまりとしたスーパーがあります。

私が「ブッチ」を最後に見た、このスーパーの第2駐車場は、「彼女」にとって「自分のなわばり」だったのでしょう、よくこの辺りまで来ていました。


メス猫としては、行動範囲の広かった「ブッチ」。

この駐車場のスーパーと反対側からは、車道に出ることができます。

信号のない「裏道」として、大通りから迂回してくる車がけっこう通る道。

「ブッチ」はここで車に轢かれて死んだのでは?と思っていたのです。


(今年6月27日の夜、これが最後に見た「ブッチ」の姿となりました😢)


「ブッチ」が姿を消してからちょうど1ヶ月経った7月28日夕方、勇気を出し、このスーパーの「惣菜売場」で働くオバサン達に聞いてみました。

スーパーの中で、一番北側の端っこにある「惣菜売場」。

コロッケやトンカツを奥の厨房で揚げては、前の陳列ケースに並べ、販売しているこの場所が【C地点】に最も近く、店内では独立した造りになっています。

出入り口の透明なガラスドアからは、野良猫さん達の動きもよく見えるのでは、と思ったからです。


この日、売場には2人のパートのオバサンがいました。

1人は厨房の奥にいましたが、もう1人は陳列ケースの前でお客さんの対応をしていました。

閉店間際の忙しい時にすまないと思いつつ、1ヶ月ほど前、このすぐ近くで猫が死んでなかったか、尋ねてみたのです。(突然思い立ってのことだったので、あいにく「ブッチ」の写真は持っていませんでした)


オバサンは、突然猫のことを尋ねてきた私に面食らった様子でした。

それでも、わざわざ仕事の手を止め、親切に話を聞いてくれました。

「1ヶ月前、猫が死んでたかどうか…? ちょっと私はわからんけど…。今、奥にいるあの人が猫好きだから、聞いてみましょう」と言って、呼んできてくれました。


その猫好きだというオバサンの答えは、私にとってショックなものでした。

「ああ、猫ね…、そうそう、1ヶ月くらい前、確かにすぐそこの駐車場で死んでるのを見たわ」


私は、第2駐車場に面した車道で「ブッチ」が轢かれて死んだのでは、と推測していたのです。

しかし、オバサンの話だと、車道ではなく駐車場の中でバッタリ死んでいた、と言うのです。

私が6月27日の夜、ブッチを最後に見たまさにあの場所でした。


「死んでいたのは、どんな毛色の猫でしたか…?」「どんな死に方をしていましたか?」

色々と追求して聞きたかったのですが、さすがに忙しそうなオバサンをそれ以上引き止めるのも申し訳なくて、礼を言い、店を出たのでした。


(上の写真の2週間ほど前、同じスーパーの駐車場で見かけた「ブッチ」)


車で家路につきながら、胸がえぐられるように悲しい気持ちでした。

もしかしたら自分の思い過ごしで、「ブッチ」はまだ生きているのでは?という僅かな望みを持っていたのです。


しかし、車に轢かれて死んだのではないなら、「彼女」に何があったというのか?

悪意を持ち、野良猫を殺して喜ぶような人間は日本中にいます。

しかし、あの警戒心が強く、人間に決して気を許さない「猛女・ブッチ」が、例えばエサにつられたとして、やすやすと人間に近づき、毒牙にかかるだろうか…?

とても、「彼女」はそんなに簡単に人間に殺られるような「タマ」ではない、そう思ってしまうのでした。


死んでいたのは、やはり「ブッチ」なのか…?

最後に見たあの日以来、「ブッチ」の姿は完全に消え、その気配すらありません。

それでも諦めきれず、5日後、再びあの惣菜売場のオバサンの所へ行ってみました。


2度も現れた私に、オバサンは少し苛立った顔をして、「閉店前で忙しいから、早くして」と言いました。

それはそうですね。

オバサンにはすまないけれど、最後にこれだけは聞いておかないと自分が諦めきれない、と思いました。


「この前、駐車場で死んでたという猫は、この猫でしたか?」

今度は「ブッチ」の毛色がよくわかる写真を引き伸ばして持っていました。

写真を見たオバサンは、「ああ、そうやわぁ、確かにこんな猫やった」

「…では、その猫は轢かれて死んでいたのですか?」

「いや、自然にパタッと死んどったよ(外傷はなく)」


オバサンの言う「自然に…」というのは、100%信じてよいかわかりませんが、とにかく、轢かれて血だらけになって死んでいた、という状態ではなかったようです。

もう、それ以上はもうオバサンから聞けそうになかったので、お礼とお詫びを言って店を出ました。


やはり「ブッチ」はもう死んでしまったのだ、そう認めるしかありませんでした。

それにしても、車に轢かれたのではないとしたら、「彼女」はどうして死んでしまったのか…。


今年のある頃から、エサをもらいに現れる「ブッチ」の背骨が浮き出し、ずいぶん痩せたな、とは感じていました。

野良猫として生きていれば、「猫エイズ」「猫白血病」などの病気に感染している可能性は大でした。


それでも、最後に駐車場で会ったあの晩、私の顔を見ると「ここでエサをちょうだいよ!」と言いたげに「ニャオ~!」と鳴いた「ブッチ」。

とても、そのすぐ後に死ぬようには見えませんでした。


私の住む地域も、日本全国と同様、この時期にはひどい「猛暑」でした。

まさか、とは思うけれど「熱中症」で死んだ可能性もあります。

エサと一緒に水もいつも置いておく行くけれど、「ブッチ」がちゃんと飲んでいたかはわかりません。


「彼女」がどうやって命を落としたのか、その理由、その最期がわからないために、「なぜ…? どうして…?」という思いがずっと頭の中をグルグル回り続けているのでした。


※長くなったので、また次回続きを書くことにします。


(7月22日朝、奇跡的に再会した「ブッチ」の元夫?「オッサン」!)

(同上。「オッサン」、今までどこでどうやって生きていたのか…?)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。