野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

命の灯を消さないために…(「モック」のその後)

一昨日の記事に書いた捨て猫(?)の「モック」、その後の経過です。


正直、一昨日の朝、「彼」を動物病院に担ぎこんだ時は「もう長くはないだろう」と内心覚悟しました。

それほど、グッタリして悪そうだったのです。


その日の午後、動物病院の先生(女性)から電話があり、今のところ「モック」は何とか持ちこたえている、との報告がありました。

嬉しい「想定外」でした。


実は、昨日は友人と会う約束をしていたのですが、「モック」のことが気がかりで、行くべきかどうか迷いました。

しかし「今すぐ死にそう」という状態ではないと聞き、とりあえず予定通り友人と会うことにしたのでした。


先生には「モック」の容体がまた急変したら、すぐに携帯に電話してもらうよう頼みました。

その友人も大の猫好きで、私の「夜の巡回」のことも知っている「一握り」のうちの1人です。

「何か」あったら、友人に侘びを言って、すぐに駆けつけるつもりでした。


(先ほど、病院で撮影させてもらった「モック」。どうか生き延びてほしい…)


友人と過ごしている間、常に携帯に着信がないか気をつけていましたが、病院からは掛かってきませんでした。


友人との「デート」も終わり、私の車で彼女を家まで送ると、その足で動物病院に向かいました。

到着すると、「モック」はまだ生きていました…!

看護士さんがすぐに、点滴のチューブを腕につけた「モック」を連れてきてくれました。


先生曰く「昨日お電話した時は、少し起き上がってエサを食べようとしたり、随分良さそうだったんですが…。今朝はまたグッタリしていました。ただ、今はまた少し持ち直した感じなので…」


悪そうだったり、ちょっと回復を期待させる様子を見せたり…。

「モック」の容体にも波があり、次々に移り変わっていく、ということですね。

「もしかしたら、また悪くなってそのまま…ということもあり得ます」と先生はおっしゃいました。


私もそれを覚悟した上で、もう1日入院させ、点滴治療を続けてもらうことにしました。

私の実家とマンション、どちらにもそれぞれ数匹の猫さんがいて、もはや「収容猫数」は限界にきています😰

この寒い中、こんな状態の「モック」を連れ帰っても、彼の居場所もないのです。


とりあえず明日(つまり今日)、先生に1回「モック」の状態を聞いた上で、その後どうするか相談することにしました。


そして、今日の午後2時過ぎ、私が動物病院に行くと、先生がすぐに「モック」を診察台の上に連れてきてくれました。


先生の話では、「モック」は時々専用ケージの中で身体を起こしてみたり、看護士さんが差し出すエサを少し食べたりしたそうです。

かと言って「元気いっぱい!」とは程遠い状態ですが…。


「モックちゃん、生きようとする気力はまだありますね~」と先生に言われました。

何とかこのまま命を繋いでほしい、と思いました。

「モック」自身、必死で生きようとしているのですから…。


ひとまず、一昨日から今日の時点までの治療代を1度精算してもらい、支払いました。

そして、今夜からまた3日間くらい入院させ、治療を継続してもらうことにしました。

まだ、最後まで希望を失いたくない、と思います。


もちろん、先のことは予測できません。

もし、「モック」が何らかの病気(猫エイズ、猫白血病など…)で身体が弱り、今こういう状態なら、完治する見込みはありません。

それでも、何とか自分の命の灯を消すまいと必死で頑張っている「モック」に、出来る限りのことをしてやりたいと思うのでした。


金銭的に大丈夫だろうか?という不安はあります。(今日のお支払い分は、何とか払いました😓)

私の支払い能力の限界を超えないよう、「猫の神様」に祈るしかありません。


最後に、先生に許可をもらい、診察台の上の「モック」を1枚撮らせてもらいました。

どうか、これが彼の「最後の写真」となってしまわないよう、祈っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。