野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

「ブッチ」、お前に何があった?

前回の更新(6月16日)で、行方不明になっていた【F地点】の「もなか」と、約2ヶ月半ぶりに再会できた喜びを書きました。


しかし、あの後、今度は別の猫が姿を消してしまったのです。


このブログにも何度か登場しましたが、【C地点】の女ボスとして君臨し、私ともう5年近い付き合いになる「ブッチ」。

彼女は、6月27日の夜会ったのを最後に、その姿を消してしまいました😢


( 6月27日22時、【C地点】すぐ隣の駐車場で会った「ブッチ」。これが、彼女の最後の姿となってしまうのか…)


私がいつもエサを置く【C地点】は、とある事務所のすぐ前ですが、この夜「ブッチ」は、【C地点】に隣接するスーパーの駐車場にいたのです。


停まった1台の車の下で寝そべっていた「ブッチ」は、私が車から降りてくると「おや?」という顔をしましたが、「猫オバサン」だとわかると、ゆっくり近づいてきました。


なぜか「今、ここでエサちょうだいよ!」と言いたげな「ブッチ」。

動くのが面倒くさかったのでしょうか?


本当はマズイのですが…一握り、私の車の脇にエサを置いてあげました。

「ブッチ」はいつものように、私をチラチラと上目づかいで見ながら、エサをパクついています。

もう少しエサを足してあげようと手を伸ばすと、いつものように「シャーッ!」と威嚇の声を出しました。


この夜を最後に、彼女が消息不明になるなんて、思わなかったのです。

まだ少し人通りがある時間、怪しまれてもいけないので、「じゃあブッチ、またね…」と挨拶して、食べ続けている彼女と別れたのでした。

(【C地点】上と同じ日。私が置いたエサを食べる「ブッチ」)


この夜以降、私が「ブッチ」の姿を見ることはなくなりました。

何とか彼女の無事を確認したくて、夜の「巡回」の時はもちろん、明け方お皿を片付けに行く時も、必死で【C地点】の付近を探しましたが、「ブッチ」の気配はありませんでした。


27日の夜、私が「ブッチ」にエサをあげた駐車場は、彼女がずっと縄張りとしてきたスーパーに面しています。

そして、この駐車場の反対側には、広い道路につながる、信号のない道が走っています。

信号のある大通りを避けて、多くの車がこちらを通ろうとします。


「ブッチ」を最後に見た日の翌日は、私は疲れてしまい、「夜の巡回」に行けませんでした。

その次の日、車でこの道を走っていて、ちょうどあの駐車場から道に出る辺りに、猫が轢かれたような痕跡を見たのです。


猫好きな人ならわかると思いますが、猫が車に轢かれたことを示す血の跡…。

まさか「ブッチ」では…?という思いが頭をよぎりました。


この辺一帯を縄張りとしていた「ブッチ」は、例のスーパー駐車場から、道を挟んでさらに東側に渡った向こう側の自動精米機辺りまでよく行っていたからです。

(【B地点】6 月24日未明、エサを食べにやって来た「パンダ」。彼は【C地点】の女ボス「ブッチ」の息子です)


先週、この場所のすぐ目の前にある小さな美容室に入り、店の方に「ブッチ」の写真を見せながら聞いてみました。

「数日前、こういう猫がこの店の前で轢かれてませんでしたか?」

お店のご夫婦は、嫌な顔もせず応対してくれましたが、「う~ん、ちょっとわからないですね~😓」という答えでした。


でも、お店の方が知らない間に「ブッチ」が轢かれて、死骸も片付けられてしまった可能性だってあります。


「ブッチ」はどこかで生きているのか、それとも死んでしまったのか…。

どちらかわからず、宙ぶらりんの気持ちのまま、日がどんどん過ぎていきます。


2014年に「ブッチ」が生んだ7匹の子猫達。

必死で子育てしていた「ブッチ母さん」でしたが、冷たい木枯らしが吹く頃には、子猫達は次々と姿を消していきました。

まだ抵抗力のない野良猫の子供は、病気で呆気なく命を落としていくのです。


そんな中で、唯一生き残ったのがオス猫の「パンダ」でした。

「パンダ」は親離れしてからは、母が暮らす【C地点】から、車通りの激しい大通りを挟んだ対岸【D地点】に移動して来ていました。


最近は、【D地点】から直線で250メートルほど南に進んだ【B地点】に、エサをもらいに現れることが増えていました。

【B地点】は、あの「チビクロ」一家が縄張りとしてきた場所です。


最近は、この「パンダ」も、6月24日の未明、【B地点】で私が置いたエサをがっついている姿を見て以来です。

エサ場を渡り歩きながら、たくましく生き抜いている「ブッチ」の息子・「パンダ」。

彼についても、無事を祈ることしかできません。

(【B地点】、【D地点】、そして時には自分が生まれ育った【C地点】でエサをもらい、たくましく生き抜いていた「パンダ」)


それにしても、まだ「ブッチ」のことが諦めきれない気持ちです。

あんなにも強く、気性が激しく、他のオス猫達をもタジタジとさせる気迫に満ちていた女ボス「ブッチ」。


何匹もの子猫を生み育てた「肝っ玉母さん」。

私からエサは貰いながらも、決して人間に媚びず、野良猫の野生と誇りを持ち続けた「猛女・ブッチ」。

すばしこく賢いお前が、そう簡単に車に轢かれて死ぬはずがない、そうだよね?

心の中で、そう呼びかけています。

「もなか」生きていました‼

昨日、とても嬉しいことがありました!

4月の頭、最後にその姿を見て以来、忽然と消えてしまった【F地点】の常連猫「もなか」。


昨日の未明、生きて無事な姿を現してくれたのです!

実に、約2ヶ月半ぶりの再会でした!

(【F地点】最後に姿を見てから、2ヶ月以上行方不明だった「もなか」、生きていました! 昨日の写真)


この「もなか」については、4月4日の記事「美人猫・もなか」で紹介したばかりでした。

まさにその記事をアップした後、「彼女」は姿を消してしまったのです。


私と「もなか」との付き合いは、もう4年近くになると思います。

毎晩、エサを貰いに【F地点】に現れるけれど、私が触ることは絶対に許さない、警戒心の強いメス猫でした。


それでも、私を上目遣いで見ながら、かなり近くでエサを食べてくれるまでになった「もなか」。

私はこの数年間で、すっかり「彼女」に情が移っていました。


毎晩、「今夜こそは出て来てくれるのでは?」と淡い期待を抱きつつ、【F地点】にもエサを置きに行きました。

しかし、何度巡回しても「もなか」は全く姿を見せず、その気配すらありませんでした。


毎朝、【F地点】の前を車で通りながら、「もなか」が轢かれて死んでいないか、目を凝らして見ていましたが、そんな痕跡もありません。


【F地点】は、私の住むマンションからほど近く、車通りの激しい大きな道路から1本入った脇道沿いにあります。

しかし、「もなか」がその気になれば、大通りまで出ることもあり得ます。


大通りで、私が仕事に行っている日中、車に轢かれて死んでしまい、死骸も片付けられていたら、もう私には知る術もありません。


(同上。6月15日未明3時40分、無事な姿を見せた「もなか」)


毎晩エサをくれる私にさえ、決して触らせなかった用心深い「もなか」、巷に横行する猫虐待犯に捕まったとは考えにくいのでした。(捕獲器でも使えば、話は別ですが…)


1ヶ月、2ヶ月と、時が経過するとともに、「もなか」が生きているという希望は薄れ、絶望的な気持ちになっていました。


それでも、まだ諦めたくない、認めたくない、その一心で【F地点】にエサを置き続けていたのでした。



最近は、体調不良や仕事の疲れから、帰宅すると倒れるように眠ってしまい、真夜中に目覚めて「巡回」、という日も増えていました。


一昨日(14日)も、日中色々なハプニングがあり、疲れ果てて帰宅、そのまま爆睡してしまったのです😱


目が覚めたのが、日付変わって昨日15日の明け方の3時過ぎ。

それでも、今から回れる所だけでも回ろうと、車で出発しました。

どうせ「もなか」はいるはずない、と何の期待もせず、だけど習慣のように【F地点】に車を止めました。


エサを、いつも置く場所に持って行くと、薄暗がりの中で、猫の姿がぼんやり見えます。

「!」と思って懐中電灯で照らすと、そこにいたのは紛れもなく「もなか」でした!


(以前と変わらず、キレイなままの「もなか」、一体どこにいたのか?)


あまりに思いがけず、あまりに嬉しくて、涙が出そうになりました。

本当は、大声で「もなか! アンタ今までどこにいたの! 心配したんだよ!」と叫びたい気持ちでした。

でも、すぐ近くには民家もある場所、未明から叫ぶこともできません。


「彼女」は、間違いなく私のことを覚えていました。

私の置いたエサを、ちょっと遠慮がちにカリカリ音を立てて食べながら、時々上目遣いでチラッと私を見ます。


久しぶりに見た「もなか」は、最後に姿を見た時と変わらず、毛並みもキレイで「美人」さんでした。

この2ヶ月半の間、彼女にどんな事情があったのか、私にはわかりません。


でも、生存が絶望的だと思っていた子と、こうして無事に再会できると、無上の喜びを感じます。

人間界のくだらない「もめ事」とか「ストレス」とか、そんな物は吹き飛んでしまうのでした。


ともあれ、「もなか」は無事だった!

今はその喜びを噛みしめています。

それでも、生きている子のために…

(【B地点】6月9日夜11時過ぎ、「チビクロ」が無事な姿を現した!)


前回の更新から、また何日も経ってしまいました。

野良猫さん達の世界も、目まぐるしく色々な変化が起こっているようです。


特に、猫さん達が入れ替わり立ち替わりしているのが【B地点】です。

以前にも少し書いたかも知れませんが、この【B地点】は、奇特な協力者のお陰で、野良さん達へのエサやりを「黙認」してくれている場所です。(あまり詳しくは書きませんが…)


本来、この【B地点】は、母猫「チビクロ」と、彼女が生んだ3匹の子猫達が「エサ場」としていました。

「子猫」と言っても、この春で満1歳になる成猫です。


しかし今年の春頃から、3匹の子猫のうち、黒猫2匹(クロイチ、クロニ)を見なくなっていました。

白黒猫の「オセロ」だけ、かろうじて母「チビクロ」と一緒にエサを食べに現れていたのです。


(【B地点】6月2日午後11時51分、「オセロ」がエサを貰いに現われたが…)

(上の写真の直後、今度は「パンダ」が姿を現した)


ところが5月頃からは、【C地点】にいるはずのオス猫「パンダ」(4歳)が、【B地点】にエサを貰いに現れるようになったのです!

ちなみに「パンダ」は、【C地点】に何年も暮らす女ボス「ブッチ」の息子です。


6月2日の夜中、私がいつものように【B地点】にエサを持って行くと、久しぶりに「オセロ」がお腹を空かせた様子で待っていました。


しかし、私がエサを置いても食べようとはせず、ある方向を凝視しています。

「?」と思ったら、すぐに「パンダ」が姿を現しました。

振り向くと、「オセロ」はすでにどこかに逃げて居なくなっていました。

(同上。エサをがっつく「パンダ」。身体のあちこちが傷だらけ…)


恐らく、大きな道路を挟んだ対岸の【C地点】から、メスと食べ物と新たな縄張りを求めて、「パンダ」は移動して来たのでしょう。

そして「オセロ」との争いに勝ち、【B地点】での「食事権?」を手に入れたのかも知れません。


エサを食べないまま、慌てて逃げて行った「オセロ」が可哀想にも思えました。

しかし「パンダ」も、自分が生き抜くためには新たな「エサ場」を勝ち取るしかなかった訳で…。

みんな必死に生きているだけなのに、動物の世界って本当に難しいな、と思うのでした😢


(6月4日の早朝5時半、【B地点】と【D地点】のちょうど真ん中あたりで、2匹一緒にいる「チビクロ」と「パンダ」を見つけた!)

(同上。道沿いのアパート前で、「チビクロ」とデート中だった?「パンダ」)


さて、今度はその翌々日の早朝、車で【D地点】から【B地点】の方向に向かい徐行していると、すぐ脇のアパート前で、意外なカップルを見ました。

「パンダ」とあの「チビクロ」です!

たまたま2匹一緒にいたのではなく、明らかに親密そうな感じでした。


「チビクロ」はいつ、他の場所から流れてきたオス猫「パンダ」と恋仲になったのでしょうか?

そもそも「チビクロ」には小さな子猫が3匹生まれていたはずです。

5月18日、【B地点】で私を警戒しながらも、子猫達に乳をあげている「チビクロ」をこの目で見ているのです。


しかし、あの日以来、子猫達の姿を全く見ていません。

もしかしたら、3匹とも死んでしまったのでしょうか?


オス猫は、自分が交尾したいメス猫に子猫がいる場合、その子猫達を噛み殺してしまうこともある、と聞きます。

まさか、考えたくはないけれど、そんな可能性も野良猫の世界にはあるのでした。


(「チビクロ」、いつから「パンダ」とカップルになってたの?)


ちなみに、大通りから一本入った道を200メートルほど進むと、【B地点】から【D地点】に行くことができます。

「パンダ」は、日によって【B地点】と【D地点】を自由に行き来し、どちらかで私の置いたエサを食べているらしい、とわかってきました。


また「チビクロ」も、1匹だけで【B地点】にエサを貰いに現れる日があり、取りあえず6月9日までは、無事な姿が確認できています。


彼女がこの春生んだ3匹の子猫達は、既にこの世にいないのか…。

また、勢力争いで「パンダ」に負けた(?)「オセロ」は、どこかに追いやられてしまうのか…?


満1歳を迎えるはずだった「クロイチ」と「クロニ」の黒猫兄弟も、どこかで死んでしまったのか…。

野良猫達の生きる世界は、あまりにも苛酷です😢


それでも、必死に生きる野良さん達が1匹でも私の前にいる限り、「夜の巡回」を続けていくつもりです。


(【B地点】、6月9日の夜11時過ぎ、「チビクロ」が1匹でエサを食べに現れた)