野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

美人猫「もなか」

(以前に撮影した「もなか」。毎日、私が来るのを待っています)


こんにちは、3日21日以来の更新です。

年度末の〆切に追われ、さらに春の人事異動で多くの同僚達が転勤して行くなど、バタバタしているうちに日が過ぎてしまいました。


今日は、まだ1度もこのブログに登場してなかった「常連」の猫さんを紹介します。


(上と同じ日の「もなか」。決して触らせてはくれません😓)


【F地点】の常連猫さん、この子には「もなか」と名付けています。(何となく、毛色や雰囲気から…😅)

はっきり、いつからのご縁かは覚えていませんが、もう3・4年は経つはずです。


あくまでも私の独断ですが、この猫さんは実に「美人」だなあ、と思いながら見ています。

まあ、本当にメスかどうかはわかりませんが…。

見た感じが、いかにも女の子っぽいので、勝手にメスだと思っているのです。


(つい先日の「もなか」。エサを食べようとしながらも、私を警戒しています😅)


以前に母が言っていたのですが、人間が考える「美醜」の基準は、猫のそれとは全く違うのだそうです。

だから、我々人間が「わあ~! なんて可愛い猫ちゃん。きっとオス猫にモテモテだね~♪」などと思うのは、ナンセンスなのだとか。


昔、我が家(実家)で飼っていたオス猫が、薄汚れた、人間から見て「可愛い」とは言いにくいメス猫と、2匹仲良く並んで「デート」していたことがありました。

それを見た母が、「ちょっと! アンタはなんで、あんな見苦しい猫と仲良くするのッ?」と、ひどいことを言ったのを覚えています。


きっと、猫にとっての「魅力的な異性」の基準とは、人間には理解しがたいものなんでしょうね。

異性を引き寄せるフェロモンとでも言うのでしょうか。


(上と同じ日に撮影。「ちょっと、エサだけ置いて、早くあっち行ってよ!」)


話が逸れました。

私から見ると「べっぴんさん」に映るこの猫さん、もう何年もの付き合いになるのに、まだ私への警戒を捨てていません。

エサをがっつく「もなか」を、そっと撫でてあげようとして、危うく引っかかれそうになったこともあります。


本当にキレイな猫なので、「飼い猫では?」と思ったこともありますが、凍るような寒い冬の夜も私を待っているところを見ると、やはり野良猫なのでしょう。


もう1匹、この子と顔立ちがそっくりで全身キジ模様の猫さんが、よく一緒にエサを食べに来ていたのですが、最近は見なくなりました。

「もなか」の兄弟姉妹では?と思っています。


このところの忙しさに加えて、持病の症状が悪化し、正直とてもしんどい私…😱

夜の「巡回」に行けない日が何回もありました。

仕事を休む訳にはいかず、猫さん達のことも気がかりで、毎日ジレンマに陥っているのでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。