野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

それでも、生きている子のために…

(【B地点】6月9日夜11時過ぎ、「チビクロ」が無事な姿を現した!)


前回の更新から、また何日も経ってしまいました。

野良猫さん達の世界も、目まぐるしく色々な変化が起こっているようです。


特に、猫さん達が入れ替わり立ち替わりしているのが【B地点】です。

以前にも少し書いたかも知れませんが、この【B地点】は、奇特な協力者のお陰で、野良さん達へのエサやりを「黙認」してくれている場所です。(あまり詳しくは書きませんが…)


本来、この【B地点】は、母猫「チビクロ」と、彼女が生んだ3匹の子猫達が「エサ場」としていました。

「子猫」と言っても、この春で満1歳になる成猫です。


しかし今年の春頃から、3匹の子猫のうち、黒猫2匹(クロイチ、クロニ)を見なくなっていました。

白黒猫の「オセロ」だけ、かろうじて母「チビクロ」と一緒にエサを食べに現れていたのです。


(【B地点】6月2日午後11時51分、「オセロ」がエサを貰いに現われたが…)

(上の写真の直後、今度は「パンダ」が姿を現した)


ところが5月頃からは、【C地点】にいるはずのオス猫「パンダ」(4歳)が、【B地点】にエサを貰いに現れるようになったのです!

ちなみに「パンダ」は、【C地点】に何年も暮らす女ボス「ブッチ」の息子です。


6月2日の夜中、私がいつものように【B地点】にエサを持って行くと、久しぶりに「オセロ」がお腹を空かせた様子で待っていました。


しかし、私がエサを置いても食べようとはせず、ある方向を凝視しています。

「?」と思ったら、すぐに「パンダ」が姿を現しました。

振り向くと、「オセロ」はすでにどこかに逃げて居なくなっていました。

(同上。エサをがっつく「パンダ」。身体のあちこちが傷だらけ…)


恐らく、大きな道路を挟んだ対岸の【C地点】から、メスと食べ物と新たな縄張りを求めて、「パンダ」は移動して来たのでしょう。

そして「オセロ」との争いに勝ち、【B地点】での「食事権?」を手に入れたのかも知れません。


エサを食べないまま、慌てて逃げて行った「オセロ」が可哀想にも思えました。

しかし「パンダ」も、自分が生き抜くためには新たな「エサ場」を勝ち取るしかなかった訳で…。

みんな必死に生きているだけなのに、動物の世界って本当に難しいな、と思うのでした😢


(6月4日の早朝5時半、【B地点】と【D地点】のちょうど真ん中あたりで、2匹一緒にいる「チビクロ」と「パンダ」を見つけた!)

(同上。道沿いのアパート前で、「チビクロ」とデート中だった?「パンダ」)


さて、今度はその翌々日の早朝、車で【D地点】から【B地点】の方向に向かい徐行していると、すぐ脇のアパート前で、意外なカップルを見ました。

「パンダ」とあの「チビクロ」です!

たまたま2匹一緒にいたのではなく、明らかに親密そうな感じでした。


「チビクロ」はいつ、他の場所から流れてきたオス猫「パンダ」と恋仲になったのでしょうか?

そもそも「チビクロ」には小さな子猫が3匹生まれていたはずです。

5月18日、【B地点】で私を警戒しながらも、子猫達に乳をあげている「チビクロ」をこの目で見ているのです。


しかし、あの日以来、子猫達の姿を全く見ていません。

もしかしたら、3匹とも死んでしまったのでしょうか?


オス猫は、自分が交尾したいメス猫に子猫がいる場合、その子猫達を噛み殺してしまうこともある、と聞きます。

まさか、考えたくはないけれど、そんな可能性も野良猫の世界にはあるのでした。


(「チビクロ」、いつから「パンダ」とカップルになってたの?)


ちなみに、大通りから一本入った道を200メートルほど進むと、【B地点】から【D地点】に行くことができます。

「パンダ」は、日によって【B地点】と【D地点】を自由に行き来し、どちらかで私の置いたエサを食べているらしい、とわかってきました。


また「チビクロ」も、1匹だけで【B地点】にエサを貰いに現れる日があり、取りあえず6月9日までは、無事な姿が確認できています。


彼女がこの春生んだ3匹の子猫達は、既にこの世にいないのか…。

また、勢力争いで「パンダ」に負けた(?)「オセロ」は、どこかに追いやられてしまうのか…?


満1歳を迎えるはずだった「クロイチ」と「クロニ」の黒猫兄弟も、どこかで死んでしまったのか…。

野良猫達の生きる世界は、あまりにも苛酷です😢


それでも、必死に生きる野良さん達が1匹でも私の前にいる限り、「夜の巡回」を続けていくつもりです。


(【B地点】、6月9日の夜11時過ぎ、「チビクロ」が1匹でエサを食べに現れた)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。