野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

無事だった子、消えた子…

約2週間ぶりの更新です。

前回の記事を書いた後、体調がさらに悪化して、ブログどころではなくなってしまいました。


それでも、力を振り絞って野良さん達のもとへ「巡回」に行こうとしましたが、仕事から帰宅するともう動けずにダウン、という日が何度もありました。

「エサやり地点」によっては、3日連続でエサを貰えなかったような猫さんもいました。



私は、発症して約13年になる持病があります。

3月3日、長年通っている病院で診てもらったところ、やはり持病の数値が悪化していることがわかりました。


ここ最近の体調不良の原因がはっきりしたので、少し安心しました。

お薬の量が一気に増えましたが、急に回復する訳ではありません。

それでも少しずつ、一番しんどかった時よりは、症状が軽くなってきている気がします。



このところ、「巡回」がおろそかになり、ずっと会えないままだった猫さん達が心配でした。


(【C地点】の女ボス・猛女「ブッチ」、今朝の写真。「何よ、アンタ💢 早くあっち行きなさいよッ!」)


無事な姿を見せてくれて、ホッとした猫さんもいました。


【C地点】の肝っ玉母さん「ブッチ」は、今朝もいつもの場所で待ち構えていました。

ただ、最近は、ブッチと同じような白黒の「新顔猫」が出現、「ブッチ」とエサを巡って睨みあっているのが気がかりです。


また、「ブッチ」の息子で、ずっと母と一緒にエサを貰いに来ていた「パンダ」が、姿を見せなくなりました。

他の猫とのケンカで、よく怪我をして現れていましたが、一体どうしたのか、心配しています。

どんな形であれ、どこかで生きていてほしい、そう願っています。



(【B地点】2月27日撮影の「チビクロ一家」。下の写真も同じ)

(3兄弟猫のうち、唯一白黒の「オセロ」。なぜか、いつも皆から少し離れた所に座っています)


母猫「チビクロ」と3匹の子猫達(と言っても、もう満1歳の成猫ですが…)が生息する【B地点】。

私にエサを貰えなかった日も、何とか逞しく生き抜いていました。


最近は、一家4匹全員が勢ぞろいする日が多く、「ああ、みんな無事だったか😢」と安堵したものです。


(下の写真ともに、3月6日の「チビクロ」一家。「オセロ」は今日も、兄弟が食べ終わるのを待っています)

(エサをがっつく、チビクロ、クロイチ、クロニ)


ただ、3月8日【B地点】に行くと、元気なほうの黒い子猫「クロイチ」の姿だけ見えませんでした。

野良猫の命は、交通事故、人間の虐待、病気でいつ失われるかわかりません。

その命のはかなさを、私自身もこの13年間の経験で、嫌というほど知りました。



「クロイチ」、「パンダ」の他にも、姿を消した子がいます。

でも、まだどこかで生きていると信じたくて、エサを置き続けています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。