野良と私の春夏秋冬

10数年来、自宅周辺の野良猫たちを見つめ続けてきたオバサンが綴る、「野良たちの生存記録」を兼ねた猫日記。

招かれざる客?

野良猫の話題だけ書くと決めて、先日始めたこのブログ。

今日は、「野良猫」といっても、私が毎夜「エサやりボラ」で出会う子ではなく、私の実家周りに出没する猫さんの紹介です。


私の実家には、2匹の猫さんが暮らしています。

春夏、気候が良い時には「猫用出入口」から自由に出入りさせています。

しかし、今は寒い冬。

室内に閉じ込めて、外には出さないようにしています。


そんなわが家の庭には様々な野良猫さん達が行き交い、まるで「千客万来」と言ったところです。


(最近、実家周りに出没?するようになった猫さん。おそらく野良猫。キジ猫なんでしょうが、ちょっとスモーキーな感じの毛色)


月曜日(3日前)の朝、上の猫さんを撮影できました。

ここ最近、私が実家に行くと、家の門前で「落ち葉」の山に埋もれるようにジーッと座っていたり、私に何か話しかけてきたりします。

あまり逃げようともしませんが、やはり「宿無し」の猫なんでしょうか?



この子のように、ある日突然目の前に現れ、またしばらくすると忽然と消えてしまう猫さんが、これまでも何匹もいたのでした。


その猫さんに情が移り、名前をつけてみても、その翌日から二度と姿を見なかった、ということもしばしば…😢


野良猫さんとの出会いと別れは、いつも予測不能で「はかないもの」。

それが今の日本の、野良猫たちをめぐる「悲しい現実」です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。